派遣の仕事にはどんなものがあるのでしょうか

多くの方がアルバイトで働くよりも派遣会社に登録して働いた方が安定していると考えているようです。
今では派遣の種類は多くなり、一般の事務やコールセンターだけでなく、スーパーのレジ、アパレルショップの仕事など様々なものがあります。
そんな派遣の働き方はざっくり分けて3種類の形態に分類されます。
一般派遣と特定派遣、紹介予定派遣の3つです。
それぞれいいところもあれば、そうでないところもあります。
他にも自分の経験、資格やスキルなどに関しても考えた上で、一人ひとりの適正に合ったワークスタイルを決める必要があるでしょう。
では、これらの働き方について解説していくことにします。

最初に、一般派遣についてです。
一般的に派遣社員と称される事が多いのはこの形態です。
派遣会社へ登録し、最初に決めた期間就労先となる企業に派遣され勤務する働き方です。就労期間は延長される場合もあり、本人が希望すればその会社で引き続き勤務することが可能です。
加えて、契約した期間満了まで働いた場合は退職も可能です。
一般派遣の場合は経験が無い職種でも紹介してもらえたりするため、挑戦してみたい職場や初めての業界の仕事に就くことができ、実務経験を積めるというかなり魅力的なポイントがあるのです。
派遣先企業から、正規雇用としての直接の雇用を提案されることも珍しいことではありません。次に紹介するのは、特定派遣です。
派遣会社に直接社員としてまず雇用され、その後別の会社に派遣されて派遣先の会社で勤務する形態です。
何か技術や資格、職歴がある場合にお勧めの雇用形態です。
それまで得た経験を活かすことができる就業先や業界で働くことができますし、派遣元企業の正社員あるいは契約社員として働けるため安定した働き方ができる形態だという点が良い所です。

3つ目の紹介予定派遣について紹介します。
紹介予定派遣は派遣された会社で勤務し、一定期間が経過したのち、派遣先で直接雇用されるというものです。
正社員として働きたいと考える方に向いている働き方です。
経験が無い職種でも派遣先を紹介してもらえる場合があります。
ですが、紹介予定派遣の場合も、資格やスキル、経験のある人のほうが、スキルや経験を活かせる派遣先を紹介してもらうことができるでしょう。
警備員やアパレルショップの接客業などでもよくあるそうです。

ここまでご紹介したとおり派遣社員としての働き方は3つの雇用形態に分けることができますが、基本的には給与の点では賞与を抜きに考えれば正規雇用の社員と大きな差はないものですし、条件を満たせば社会保険にも加入ができますから、あまり心配せずにお仕事ができます。